2009年03月21日

腰痛と出産と妊娠

女性が劇的な体の変化を遂げるのに妊娠そして出産があります。この時期も腰痛が起こりやすいと言われています。

まず妊娠中はどうでしょうか。
妊娠中は胎盤からリラキシンと言ったホルモンが分泌されます。
このホルモンは、出産しやすいように骨盤を中心に体全体を緩やかにします。
そのホルモンを分泌させることで体中の関節がゆるみ、骨盤が不安定となり腰痛が起こりやすくなるのです。
また、特に妊娠後期には胎児の成長に伴いお腹も大きな状態で体を支えることとなります。
その上、骨盤が緩やかホルモンにより不安定となっているため全身を支えている腰に負担がかかり、腰痛をますます悪化させていくのです。

出産時は、緩んでいる骨盤に大きな負担がかかるため、腰痛で悩まれている方は特に注意が必要です。
リラックスしてお産に臨み、ベルトの着用や体勢などを前もって医療機関に相談されておくと良いでしょう。

出産後も特に直後は体が戻っていない時期です。
赤ちゃんを抱きかかえることにより、体にますます負担がかかり腰痛を悪化させていきます。
出産時及び産前産後は、骨盤矯正ベルトを上手に利用し、腰痛を予防することも必要です。
骨盤矯正ベルトは普段使用している腰痛防止のベルトとは多少異なり、妊娠及び出産時に適するように作られたベルトになりますので、きちんとしたものを購入し着用すると良いでしょう。

そして日頃の腰痛予防として正しい姿勢と筋力低下をさせないための適度な運動を心がけると良いでしょう。

 うつ病
 うつ入院
 うつ治療
 借金苦

posted by qqq at 03:52| Comment(50) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

腰痛と生理

女性の場合、月に一度生理(月経)がやってきます。生理の前後及び最中に腰痛で悩まれている方は多いと聞きますが何故でしょうか。

生理の数日前から始まる直前までプロンスタグランジンと言った物質が黄体ホルモンの働きで子宮から分泌されます。
痛みは人により様々ですが、これが多いと腰痛が起こりやすいと言われています。
これは月経前緊張症と呼ばれています。
腰痛以外にも吐き気、倦怠感など体全身がしんどくなるようです。そして生理が始まるとともに痛みは軽減します。
ストレスが原因でおこる場合もありますので、できるだけリラックスすることを心がけると良いでしょう。
また、整体や鍼灸などで体を温め、バランスをとることで、腰痛が軽減する場合もあります。

生理の最中にも腰痛で悩まれている方は少なくありません。
生理前とホルモンの種類は同じですが、量が多ければ多いほど腰痛と共に下腹部痛が起こりやすくなります。
この場合、子宮が未熟であるなど機能性の問題だと言われていますので、思春期の女性はなることが多いようです。
体のバランスを整えたり、年を重ねたりするにつれて痛みは軽減していくようです。

月一回やってくる生理です。うまくつきあうコツとリラックス法を自分で見つけることも大切です。

また別の病気が潜んでいることもあります。痛みが激しかったり、体の疲労感が長期間続いたり、不正出血や出血量が極端に多かったり少なかったりした場合は、医療機関で相談されると良いでしょう。

 ブランド7
 ペット1
 ペット2
 ペット3

posted by qqq at 10:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛とお酒

お酒の飲みすぎも腰痛には良くないといわれています。
この場合の腰痛はお酒を飲むことによって起こるすい臓の故障から来ています。

すい臓は、体内に入ってきた食べ物の中のたんぱく質・脂肪・炭水化物を分解するすい液を分泌します。そして体に栄養を吸収させる役割があります。
私達の体は、大量のお酒を飲むことにより膵液を分泌する通り道が炎症を起こしやすくなり膵液がすい臓の中にたまりやすくなります。
また、アルコールに含まれている成分によって症状が進みやすくなり、これらが原因で腰痛が起こることがあるのです。

すい臓が要因の腰痛は、腰だけでなく背中や腹部と幅広く痛みを感じることが多いようです。症状は膵炎と呼ばれます。
膵炎には、慢性と急性があります。軽度の急性の痛みの場合は治療することで回復も早くなりますが、慢性の場合はゆっくりとすい臓の細胞が壊れていくために痛みも軽いため症状が分かりにくく治りにくくなります。
また、この症状が悪化すると糖尿病を併発することもあり注意が必要です。

お酒による腰痛を軽減させるためにはやはり酒の量を減らしたり、禁酒をしたりすることをお勧めします。
膵液の分泌が多くなると胃酸も活発に出るようになりますので、食べ物も胃に負担をかけやすい油もの、香辛料の摂りすぎなども禁物です。
この腰痛は、特に若い男性が発症しやすいと言われています。また腰痛以外の痛みも発症しますので、痛みを感じたら医療機関に相談されることをお勧めします。

食生活やお酒の飲み方を今一度見直してみませんか。


 ブランド3
 ブランド4
 ブランド5
 ブランド6

posted by qqq at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。